ジュニアロボティクス

ロボットを学ぶのではなくロボットで学ぶ

楽しく学び、深く考え、大きく成長

これからの時代を担う子どもたちの「脳力」開発を目的としたロボット教育プログラム「Jr.Robotics」。「Jr.Robotics」は、一筋縄ではいかないミッションに挑戦することで、子どもたちが楽しく学び、深く考え、大きく成長することができる新しいロボット教育プログラムです。

効率の良い学びを子どもたちへ

学習の基本姿勢が自然と身に付く

課題を解決する為には、じっと考えていても答えは出ません。試行錯誤を繰り返すことで解決に近づいていくのです。そのような、トライ&エラーの繰り返しが日々の学習にも大きな変化をもたらします。間違えた問題の解き直し、わからない問題をできるように努力する、という学習の基本姿勢を自然と身に付けることができるのです。

物理学を直感的に理解する

トライ&エラーを繰り返すことで、実際に起こっている現象をしっかりと観察することができます。重力、てこ、遠心力、摩擦力、ギア比など様々な物理学を直感的に理解することができます。この直感的な思考は中学受験において、大きなアドバンテージとなります。

数多くの失敗から学べる

小3までのロボキッズコースで扱う教具は、大きいブロックを採用しています。1つ1つのパーツが小さいと、1回の組み立てに時間がかかり、作ることのみに終始してしまいます。パーツが大きいことで、組み立てや改造が素早くできるようになり、短時間でのトライ&エラーが可能になりました。

世界と競い合う環境

ロボエンジニアコースでは、プログラミングによるロボットの制御を学びます。世界と競い合うために、世界トップレベルの性能を持つ制御基盤「STEM Du」を採用。人工知能の権威、松原仁教授を顧問に迎え、数々のミッションをクリアしながら、ロボカップ世界大会優勝を目指します。
みやこ子ども土曜塾

「みやこ子ども土曜塾」にて開催しております。
詳細は以下のページをご覧ください。

http://www.doyo-juku.com/event/detail.html?id=7108

新しい学びのカタチ